お姉さん系に興味を抱く理由をお教えしよう

まずはお姉さん系というジャンルについてピンとこない人もいるかもしれないので、説明させていただく。

ここでいうお姉さん系というのは熟女や人妻などの女性かつ年齢が自分より上であることが条件です。

もし自分が30歳なら、31歳以上であれば年齢は範囲内であとは熟女であるか既婚者であるかで別れていきます。

近年、熟女ブームが到来していたこともあり、未だに人気を博しているためお姉さん系の需要が大幅に上がっていってます。

人妻に関しても人気が高まっていますが、リスクが大きいのが難点ですね。

20141120_onesan

お姉さん系に甘え願望

お姉さん系が好きな人は大抵は甘えん坊と言われています。

年上の女性が好きということは必然的に甘えたいという願望があるということなので、容易に推測できると思います。

お姉さん系の人気が増えているということは男性には甘えん坊が増えていることになりますので、何かしらの対策をもたないとお姉さん系が好きな人で溢れて、少子化が更に進むのではないかと懸念しています。

まあ、さすがにそこまでの事態に追い込まれることはないと信じたいですが、未来は誰にもわからないので恐ろしいですよね。

20141120_amaenbou

年上になぜ魅了されるのか

年上に魅了される理由を考察していくとおのずと答えが見えてきます。

女性は年齢を重ねる毎に性欲が高まってくると研究結果がでており、性欲の増大と比例して放出するフェロモンも増加していきます。

フェロモンにあてられた男性は欲情してしまい、お姉さん系の女性に興味を抱いてしまうというわけです。

お姉さん系が人気な理由が徐々に分かってきたところで、これを見ているあなたも興味を抱いてきたのではないでしょうか。

ここでお姉さん系が好きになってしまったのなら、少しだけ罪悪感を感じてしまいますが別に年上を好きになることは悪いことではないので、自分の意志に従うことが重要ですね。

B5?h??põ@?w?h?5mm

熟女と人妻の違いについて

20141120_jyukujyo

お姉さん系といえば熟女と人妻は欠かせない存在であるが、この2つのジャンルの違いについて簡単に説明していこうと思う。

まずは熟女ですが、このジャンルが当てはまるのは40歳以降の女性です。

一般的にこの年齢からは適齢期を過ぎているので楽しめないのではという人がいるかもしれません。

しかし、性欲は半端なくて感度も良くなっているので乱れたセックスが堪能できるという、年齢を気にしなければ最高のパフォーマンスを体感できるのです。

次は人妻について説明しますが、人妻に魅了されてしまうのはスリルを味わいたいからと推測しています。

旦那に知られたら人生が終わるというスリルにより、興奮度が上がって気持ちいいセックスを体感できるのです。

もっと究明されるべき課題

お姉さん系についてもっと詳しく掘り下げて考えないといけないと思っているが、私の調査力がここまでとなっているため力を出し切ることができない。

不倫を良しとするわけではないが、興奮することは間違いないだろう。

分析

しかも女性は歳をとるごとに性欲が増していくので手におえなくなる可能性も実はあるのだ。

年増の女性がセックスを願望するとなると健全な男性なら嫌悪感を抱くと予想するが、熟女好きにとっては願ってもない展開だということは理解できる。

年増の女性には年上なりの色気というものがあるので、たとえ興味がなくてもフェロモンに魅了されてしまう恐れがあるのだ。

私が考えている中でこの色気をうまく使えば世の中の若い男をみんな年増好きにさせることが可能なのではと考えています。

それでもやっぱりお姉さん系が好き

なんだかんだいってもやっぱり女性は年上の包容力があるお姉さん系が最高にいいと思います。最近特に私がハマっているのが、30代後半から40代前半のアラフォー世代の女性です。

お姉さん系
彼女たちは、まだまだセックスをしたい年頃なのに女としての賞味期限がきれていると周りに卑下され、相手にしてくれるのは同年代かもしくは年上の中年男性しかいないんですね。
でも彼女たちに私は言ってあげたいのです。
若い子たちの中にもアラフォー世代のお姉さん系が大好きで、セックスしたいと思っている男子が世の中にはたくさんいるんだよってことを。
それを知ってもらえば不倫とは言わないまでも婚期を逃した女性にもまだまだチャンスはあるとおもうんですよね。
世の中には需要と供給があって、男と女も必ず需要と供給でうまくバランスがとれているのだから、アラフォーになったからと言ってセックスをあきらめる必要はないと思うんです。
実際にそういったシチュエーションの無料セックス動画がよくあると思うんですよね。
頑張れ世の中のアラフォーお姉さんたち!

少々話が長くなってしまいましたが、今回はここまでとして次の話題に移りたいと思います。